ホテル若水からのお知らせ

「2019年03月」の記事一覧

2019年5月10日~大人の社会見学~田辺眞人先生座学「宝塚温泉」【銀のステッキ旅行】

【期日】2019年 5月10日(金)

【出発場所・時間】 阪急「宝塚駅」改札前(10:45)集合

【旅行代金】 5,500円 (現地集合・昼1食)

ブラタモリでも取り上げられた宝塚温泉。その歴史にまつわる秘話・逸話を、園田学園名誉教授であり、ラジオ関西「まっことラジオ」のパーソナリティとしてもおなじみの歴史家、田辺眞人先生にお話しいただきます。

昨年、先生に講師としてお越しいただいた「銀ステ9周年ツアー」は軽妙な語り口と、分かりやすいお話が大好評。今回は、地元ながら案外知らない「宝塚温泉」を先生に掘り起こしていただきます

 

【旅程】阪急「宝塚駅」改札前10:45集合
…①宝塚温泉・ホテル若水(田辺眞人先生による座学「宝塚温泉の歴史」と和食膳のお昼。希望者はご入浴も〈別途500円*タオル付〉)
・・・阪急宝塚駅(14:15頃解散予定)

※日帰り旅行は15名以上参加の場合のご料金となります。

詳しくは、銀のステッキ旅行ホームページをご確認下さい。

宝塚発祥『ウィルキンソン タンサン』看板・自販機で歴史紹介

 

「ウィルキンソンの歴史。それは、炭酸水の歴史。」

海外では「ソーダ」と呼ばれるのに、日本では「タンサン」と呼ばれています。これはウィルキンソンが当時の英国領事と相談して、初めて商品名に「タンサン」と使用したことが、次第に国内外に広まって行ったのがその理由です。「タンサン」という呼び方も 宝塚から日本全国に、いや世界にも「TANSAN」として広まったんですね。

 

2019年3月16日、ホテル若水の西隣、「ナチュールスパ宝塚」前に、宝塚発祥の炭酸水『ウィルキンソン タンサン』の歴史などを紹介する看板と炭酸水専用の自動販売機が設置・お披露目されました。

 

宝塚とウィルキンソンの歴史は古く、明治時代にさかのぼります。英国人「ジョン・クリフォード・ウィルキンソン」が、明治22年に宝塚で炭酸鉱泉と出会い、紅葉谷の工場で瓶詰めし販売したのが始まりです。

 

ウィルキンソン タンサンを片手に、100年を超える歴史に触れてみてください。

 

梅の花が見ごろを迎えました。

まだ肌寒い日が続いておりますが、当館正面玄関横にあります、梅の花が見ごろを迎えました。

ご出発のお客様が記念に撮影されたり、前をご通行中の方が足を止めてスマホ等で写真を撮影されております。